税理士からのお得情報 税理士からのお得情報

2020/03/16

スモールビジネスの社会的役割とは

どく

スモールビジネスの社会的役割について考えてみましょう。

昨今、会社のオフィスから離れて時間や場所の制約を受けずに仕事を行う形態である「テレワーク」が増えています。テレワークではパソコンなどのITを活用し例えば自宅で文書作成をし、会社との必要な連絡や会議もパソコンで行えるため、大きなフロアーを必要としないので、今後増えていくことが予想されます。

また、従前会社から雇用される正社員としての雇用型ワーカーから、一人一人が個人事業主としての立場で仕事を行う独立型ワーカーへと形態へ変化しているケースも増えてきています。

そのような経済社会の大きな変化に対して、スモールビジネスは、まさに時代に適合したビジネス形態であり、その社会的役割も大きいと言えます。

さらに言えば、会社側は多くの社員を抱えるだけの余力がなくなってきているのが現状です。

現在の年金支給開始年齢も遅れるでしょうし、年金受給額も下がり続けると思われます。

従って、個人個人はたとえ大会社に入社しても会社を辞めた後の人生設計を(特に収入面について)考えておく必要があります。

今後激変する社会状況を見据え、自分自身を守るためにもスモールビジネスを活用していくことは大事なことです。

一覧に戻る



お問い合わせはこちらから

TOPに戻る TOPに戻る