税理士からのお得情報 税理士からのお得情報

2021/06/16

月次支援金の申請受付が始まりました

 

一時支援金に続き、「中小法人と個人事業者のための、月次支援金」の申請が始まりました。

この支援金のポイントについて分かり易くお伝えします。

 

<給付条件>

次の1と2、両方の条件を満たす場合

1. 緊急事態宣言・まん延防止措置 発令条件

・緊急事態宣言、又は、まん延防止等重点措置に伴い、飲食店の時短営業

又は

・緊急事態宣言、又は、まん延防止等重点措置に伴い、外出自粛等の影響

を受けていること

2.売上減少条件

2021年4月以降で、緊急事態措置又はまん延防止等重点措置が実施された期間の内、2019年又は2020年と比べて、

売上が50%以上減少した月があること

 

<支給額>

1.支給額

2020年又は2019年の、基準月の売上額 - 2021年の対象月の売上額
(中小法人等:上限20万円/月  個人事業者等: 上限10万円/月)

 

2.対象月

2021年4月以降の期間で、2019年又は2020年の同月比で、緊急事態宣言又はまん延防止等重点措置の影響により売上が50%以上減少した月の中から任意に選択した月

 

3.基準月

2019年又は2020年における、対象月と同じ月

 

<申請期間>

4月分・5月分: 2021年6月16日(水)~8月15日(日)

6月分          : 2021年7月 1日(木)~8月31日(火)

 

<申請方法>

電子申請の方法による

 

<その他>

・税理士・中小企業診断士・行政書士などの登録確認機関により、書類や事業内容について、形式的な「事前確認」を受ける必要があります。

・一時支援金を既に受給している場合には、月次支援金申請のために改めて事前確認を受ける必要はありません。

・一時支援金の受給を受けていない事業者が月次支援金の申請をする場合には、申請1回目のみ事前確認を受ける必要がありますが、2回目以降は受ける必要がありません。

 

詳細については月次支援金公式サイトで、ぜひご確認下さい。

経済産業省 月次支援金公式サイトへ

 

 

一覧に戻る



お問い合わせはこちらから

TOPに戻る TOPに戻る